スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2014.05.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ヤミー!!

今年もあと20日。
忘年会シーズン。
今週末は、職場同期と温泉一泊忘年会です。
しかも超最寄の石和温泉。
車の運転を気にすることなく、お酒を飲めるというのがポイント。
来週金曜は職場の忘年会。
今年は幹事ですが、恒例のビンゴ大会の景品選びが、とても楽しいです!
幹事特権で基本的に「私が欲しいもの」を選んでいるから。
商品は、その日に持ち帰る心配のないよう、郵便局の「ふるさと小包」。
一等相当品は、米沢牛の焼肉やマグロ大トロセット。
それから私が当てたいと思うのは、殻付き生牡蠣に辛子レンコン。
家族連れにも当たって嬉しい、全国各地の麺類など。
ラ・フランスやイチゴ、メロンもね。
あ〜、待ち遠しい。

少し前ですが、11月に行った友人結婚式の2次会のビンゴ大会でスイーツセットを貰いました!
ショコラティエ・エリカ」のチョコレートの詰め合わせ。
私の知らないお店だったけれど、デパート系の有名チョコレート屋さんとは、
一線を隔した面白い印象です。

ホワイトチョコレートにラムレーズン↓

レーズンも柔らかく、質の良さを感じる一品。

ミントチョコ↓

ミントの香りが強烈に強いんだけれど、
ヤバイくらいにはまりました!
他のチョコレートと一緒にすると、この香りが移ってしまうくらい。

それから、お店の看板商品らしき「マ・ボンヌ」↓

ミルクチョコレートの中に、クルミとマシュマロが入っています。
多分、リキュールも入っているんだろうな。
フルーツ系の甘い香りがします。
寒いので、包丁で切ると切れ目が砕けてしまって、
見た目が美しくないのが難点。

何れもチョコレートなんだけれど、非常に軽いのが特徴。
だから、止まらない止められない(泣)
前者2者は、サイズが小ぶりなので、これまたつまみ易く。
でも、非常に美味しいので心も満足です。
仕事中に、頭に栄養を!と言っては、つまむことが多いのですが、
チョコレートって、心の栄養でもあるなぁと。

しかしながら、これをビンゴ大会の景品に選ぶ友人のセンスに改めて脱帽!



久しぶりな休暇。

久しぶりの更新です。
すっかり間が空いてしまいました、ごめんなさい。

今日は9月ですが、夏休み休暇として一日お休み。
午前中は、美容院で髪をお手入れ。
ショートから伸びた髪を揃えて、ボブスタイルへ。
また、少し伸ばしてみる方向。
地毛に近いように、トーンを落としました。

午後は、ケーキを買って友人宅へ。
9ヶ月目になる男の赤ちゃんと戯れてきました。
3ヶ月ぶりくらいに会いましたが、体のサイズは勿論のこと、
顔も少し変わり、赤ちゃんから子供への変化ぶりには驚きました。
昨日できなかったことが、今日突然できる事が良くあるんだとか。
加えて、この赤ちゃんは客観的に見ても、とても可愛い!
産休を延長しようかな〜と思いたくなるのは、ごもっとも。

最近、バームクーヘンを頂きました。
ねんりん家
マウントバームという、周りがカリカリで生地がしっかり目のものと、
ストレートバームという、比較的柔らかめなもの。



奥がストレートバームで、手前がマウントバーム。
マウントバームの周りの食感が良い感じ。
生地は硬めで、ストレートバームに比べたら、バターが少し多目かも。
いずれも、生地の甘さは控えめ。
ストレートバームは、いわゆるバームクーヘン。
どちらが好みかと言われると、意外とストレートバームだったりして。
県内にも、卵屋さんで作るバームクーヘンがあることを思い出し、
今度行ってみようかと。
バームクーヘンへの情熱が再燃しそうな予感。

最近、まったくHBのパン作り記事を書いてませんが、日常的に焼いてます。
でも、以前に比べたら、生地に練りこむ具のバリエーションの開発は、
全くしてません。
天然酵母だけは、切れたら新しい物を購入して、新しい味を求めてはいます。



今日焼いたのは↑国内産小麦粉で、レーズン・カシューナッツ・アマニを入れたパン。
生地に入れる砂糖を控えめにしたら、かなりさっぱり目のパンに。
カシューナッツの食感がたまりません。

昨日、富沢商店のネット通販で、材料をガッツリ購入。
変わったところだと、ピスタチオを購入。
パンに練りこんだらどうなるのかな〜と。
色味はキレイなんでしょうが。




☆ザッハトルテ☆

「東京・お菓子」のカテゴリに入れてしまったけれど、ウィーンのケーキ屋さんね。
デメル
山梨のデパ地下の催事で購入しました。
大昔、オーストリアのウィーンで食べた以来。
表面のコーティングが、ちょっと甘さがキツイ。
今の日本では受けない味かも。
本場では、必ず生クリームが載っていた。
その生クリームは全然甘くないので、逆に中和されて美味しく感じた覚えが。
でも、やっぱり濃厚なチョコレートケーキって好きだな!と実感。



そういえば、今日、同期からGODIVAのチョコも貰いました。
自分じゃ絶対買わないので、嬉しいな。
職場で脳への栄養補給をば。
チョコには、コーヒーが良く似合う。



クラブ・ハリエ

実は、気象予報士の資格取得を目指している。
次の試験は1月末。
うっかりしていたら、受験要綱のネット頒布・郵送頒布が終了していた(泣)
その管轄場所に行かないと入手できないので、急遽上京。

向かった先は、神保町。10時半前。
私と同じようなことをしている人々が数人いた。
私を含め、はっきり言って意識が低い人々(笑)
無事に手続きを終え、次に向かったのは「三越前」。
お恥ずかしながら、日本橋に今まで来たことがなかった。
以前、母が友人と待ち合わせするのに「日本橋三越 ライオン前」と指定され、
我ら母娘で、「ライオン前」の意味がわからなかったことがあった。
新宿や銀座の三越に何度も行ったことがあるのに、なぜか「ライオン」の
記憶がなかったのである。
日本橋は本店だから、2匹居るんだよ〜と後に聞き、今日改めて確認。
っていうか、ここのライオンと他の店舗のサイズが違いすぎるよ〜。
ここのは、否応なく目に入る。

デパ地下の「クラブ・ハリエ」へ。
「たねや」と同じグループのバームクーヘン専門店だ。
日本橋で働くSちゃんも手土産で使用することも多く、
美味しいと言っていたので。
11時半少し前だっていうのに、この店だけ異様に繁盛していた。
まさか、バームクーヘンをこの時間から並んで買うとは思っていなかった。
サイズは様々で、家庭用の最小は税込み630円。
そこから段々サイズが大きくなり、次は900円弱?でちゃんとした箱入り。
確かに、ちょっとした手土産として見てくれも申し分ない。
店舗内で製造しているらしい。

購入したのは、最小サイズで4分割には丁度良かった。
前情報ではかなり柔らかいとのこと。
硬いバームクーヘンで、層をはがしながら食べるのが私にとっては、
好きなタイプではなかった。
自宅に帰って、夕飯のデザートで食す。
バームクーヘンの回りはちゃんと砂糖のシロップでコーティングされていた。
確かに、食感ホワホワ!
卵が強く味も食感も全体的に優しい。
胃に後まで残らず、軽めというのもいい。



↑層がはっきり見えないので、一層一層を強く焼いていないのだろう。
それが柔らかさを生み出しているんだろうけど。
他社との違いを明確にして、それが受けて大繁盛!ってところかな。
私もすっかり魅了されてしまった。
日本橋に行く機会があったら、是非ともまた立ち寄りたい。
でも、こちら賞味期限が当日まで。
バームクーヘンなのに。
ま、そういう作りだからしょうがないんだろうけどね。

Sちゃんと日本橋三井タワー2Fにある千疋屋フルーツパーラーでお昼ご飯。
日本橋に来たのは、実はこちらがメイン。
私の「マンゴーとパイナップルが大好き!」宣言を覚えていたらしく、
そこのお店のマンゴーカレーやパイナップル入りハッシュドビーフの情報を流してくれていたので、ならば是非一緒に!という話をしていたのだ。

千疋屋は都内に沢山あるが、暖簾分けも色々しているので、複雑怪奇。
こちらは、高級感が漂い、天井が高く綺麗なシャンデリア、
窓近い席では自然光がいい感じに入り、スタッフのサービスはホテル並。
お冷は、底高いワイングラスでサービス。
久しぶりに、空間の気持ちが良いお店に入った。
さて、マンゴーカレーを食べに来たつもりだったのに、
他のメニューに目移りして、結局注文したのは現在マイブームのオムライス。
卵はいい感じにチキンライスと絡み、バターは少なめなのかあっさり目な味。
チキンライスは、具が大きめで噛み応えあり。
全体的に、優しい味だ。
(今日は優しい味にあたりまくり!)
面白かったのは、オムライスにかけるソース。
一応トマトケチャップの形状をしているけれど、
自家製なのか、何か(多分フルーツ)が混ざっていてほんのり甘い。
さすが、果物屋さんだ。
いくらでもかけたくなるソースだった。
Sちゃんは、私が迷っていたココナッツミルクのカレー。
温泉卵と鶏肉のソテーがご飯に載って登場。
カレーは、ココナッツミルク入りという割には赤い様相。
メニューに激辛表示だったけれど、そこまでではないよう。
一口だったからそう感じたのかもしれないけれど。
正直言って、オムライスよりこちらのカレーの方が美味しかったような・・・。
でも、周りのお客さんはマンゴーカレーを食べている人が圧倒的に多かった。
ちなみに、食した2つは各々約1500円。
これらは食後にミニデザート付き。
今日は、オレンジ、パイナップル、リンゴが小さくカットされたものに、
ブルーベリーが入ったフルーツカクテル(っていうのかな?)。
透明なガラスのデザート皿でサービスされるのもまた嬉しい。
食後、Sちゃんは仕事に戻って行き、私は上野へ。
写真は画像がイマイチで・・・(泣)

国立西洋美術館のベルギー王立美術館展。
久しぶりにこの美術館に入った。
13時半に入るも、お客さんが沢山。
2時間で見終わる積もりだったが、思っていたよりは点数が少なかったことと、
人の多さに嫌気が差し、自然と歩調が早くなったのか1時間強で終了。
フランドル地方の画家の絵が展示。
最近、イヤホンガイドを借りて説明を聞くので、各絵の見所が分かりやすい。
それによって、他のヨーロッパの絵画との違いなども分かった。
言われてみれば、そうね・・・って感じで知識が体系化される。
美術展に行く度に、もっと基礎的な知識があればそれぞれの絵の解釈も良くなるだろうにと思い、ミュージアムショップのその類の本を見るもいつも購入しないで後回し。
今度、図書館で薀蓄本を借りたいと思う。
人物像や室内の光の表現に独特さのある部類が私は好き。
風景画やマグリットも良かったけどね。

その後、新宿で買い物をし、疲労が頭痛に及んでいたので一本早めのバスにて帰還。

日帰りって、やっぱり時間が足りないなぁ。
時間に追われて、なかなか「じっくり」感がもてない。
欲張り過ぎって話もあるけれど。



PR
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座