スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2014.05.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

暑いときには。

 土曜は、よほど疲れていなければ、朝は早起き。
うっかりすると、平日よりも目が覚めるのが早かったり。
今日も、早起き。
引越し準備のため、ぼちぼち片付けをしています。
今日は、本の整理。
クローゼットの奥の棚が、本棚代わり。
おかげで、そこに至るまでの障害物を、まずどうにかしなければならないのです。
だから、割と気が進まないお片づけ。
でも、まぁ軽くしました。

1.新居持参組
2.新居持参だけど一時実家滞在組
3.捨てる組
4.売り飛ばし組

と振り分けです。

漫画が多いですな(笑)
あと、語学系(なぜか捨てられず)

棚がスカスカしてくる様子を見ると、楽しい。
とても片付けしている気分になるのでね。

そうこうしている内にお出かけ時間。
今日は、私が車を出しました。
車に乗ると、とても暑くて×3。
うどんを食べに行きました!

うどん屋源さん


「冷やしきんぴら肉うどん」610円にしました↓



きんぴらは少し甘めの味付け。
冷たいお汁にごま油の香りがほんのりと。
噛み応えのある麺は、食べた気になります。
とても安くて美味しい昼食でした。

でも、その後、とても喉が渇いて×2。
麺にたっぷり(?)入っている塩とお汁の塩分からでしょう。

その後、家電量販店で、
新居用のプリンタ等複合機を購入!
披露宴準備のためです。
引っ越し前から、ぼちぼちやろうと思って。
コピーやスキャナー機能付きのものは初めての購入です。
どんなことができるのか、非常に楽しみです!




LAZA WALKの和食屋さん。

 先の土曜日、夜ゴハンをしに LAZA WALK へ行ってきました!

「こだわり和食と甘味処 暖家」です。
前回LAZA WALKに来た時には、回転寿司へ行ったのですが、
この和食屋さんの、とても大きくて種類豊富なパフェのディスプレイに誘惑されたから。



↑海老天ぷらうどん。840円(?)
ぶっかけタイプです。
讃岐うどんかな。
ツルツル、もちもちの食感。
天ぷらもカラリ。
海老も大きく満足!



↑祇園パフェ。525円(?)
見た目があまり美しくないのは、
一番手前上に乗っているワラビ餅のせい。
でも、まぁまぁ美味しいです。
驚いたのは、こちらのソフトクリームの美味しさ!



↑婚約者殿の選んだカルピスパフェ。480円(?)。
カルピスというかラムネ味。
こちらも同様ソフトクリームが美味。

本当に沢山の甘味があり、選ぶのに悩んでしまいます。
次もここのソフトクリーム入りの甘味を食べたいと思いました!
とてもリーズナボーだしね。


三連休の幕開け。

金曜の雪模様とは裏腹に、スカッと冬の青空。
体に染み入る冷たい風が吹き叫ぶ陽気ですが、
三連休でウキウキ気分でスタート!

土曜は、山梨県の富士五胡地方での活動です☆

まず、お昼はお腹に優しいウドンです。
吉田のうどん屋さん、久しぶり!
今日は初めてのお店です。

甲府盆地から吉田へ抜ける御坂峠。
残雪と日陰の道の凍結にドキドキしながら、富士の麓へ。
吉田は一面真っ白な銀世界。

行ったお店は「きよちゃんうどん」。
何でも、金土日のお昼しか営業してないという恐ろしいお店。
駐車場は決して広くないのが難点。
なんて事ない、お店の雰囲気。
メニューは「かけ」「つけ」「冷やし」のそれぞれ「小」「大」、
それから替麺だけといった、とてもシンプル。

注文したのは「かけ」の「小」。400円。

器にいっぱいのだし汁。
きゃっべつ、お肉、天かす、ねぎのトッピング

まずは、お汁を一口。
想像以上に優しい味。
醤油や塩気は抑えられていて、こんな味の吉田のうどんは初めて!
ウドンの腰は、典型の吉田のうどん。
寒い中で食べたので、美味しさも一塩。
なかなか三連休の出だしは好調!


贅沢ランチ。

さてさて、11月に入りました。
今年もあと2ヶ月、年度末まで5ヶ月。
思うところは、多いです。
3連休の初日、皮切りは、贅沢ランチ!

以前、母の誕生日で来たことのある「彩量庵 たん澤」へ。
各websiteでは、11時半〜とありますが、どうやら12時開店とのこと。
お昼は、3千円、4千円、5千円の3つの献立から。
今回は、3千年を予約でお願いしておきました。

カウンター席に通され、直ぐに温かい茶碗蒸しが登場!



以前も、茶碗蒸しからでしたが、微妙に素材が変わります。
白子は以前と同様に。
銀杏は季節ならでは!
全体的にとろりと、温かいので、のっけから心鷲掴み。
茶碗蒸しは、すくって初め何が入っているのか分かる面白い食べ物だなぁと。
その内、茶碗蒸し料理を自宅でも挑戦したくなりました。



↑前菜。
本当に沢山の種類。
季節感のあるラインナップ。
菊の花びらの酢浸けは、変わりダネ。
牡蠣の煮物や、さば寿司も美味しかった!



↑カニのしんじょう。
透明なお汁に、見入ってしまいます。
しんじょうには、カニの他に銀杏も。
汁物を飲むと、満腹感が出てきますね。
でも、まだまだ先は続く。


↑秋のおこわ。
ほう葉で包んで蒸し上げたもの。
栗、銀杏、キノコ。
味付けもしっかり目。


↑まぐろ、ほたて、ひらめの刺身。
まぐろとヒラメが美味しかった!
海には隣接していないけれど、
山梨の刺身レベルは本当に高いと改めて痛感。


↑鮭の西京焼き。
西京漬けは、こちらの得意料理なのかな。以前もコレが出ました。
文句なし。


↑炊き合わせ。
エノキダケ、お餅、生麩(?)、煮あなご。
サトイモとカボチャが唐揚げ状態で、ホクホクが更に美味しさを増し。
天つゆのような味つけ。
満腹感絶頂です。


↑桜海老の雑炊。
桜海老の天ぷらに溶き卵、少し生姜が入っていたのかな。
香ばしい味。
あまりにお腹が一杯なので、おつゆをなるべく飲まないようにしました。


↑最後に甘味。
ミルクの羊羹?緑豆かん、柑橘系?の羊羹?に、お抹茶。

特別、高級素材を駆使した料理ではないけれど、
細かい芸や、味、工夫、それから量に満足感大です。

久々の和尽くし。

この後の一休憩は、スタバのチャイラテでした(笑)。
ちなみに、夜ご飯は山梨県内産ワインにカジュアルイタリアン。
日本て、選べるジャンルが多くて、贅沢な国です。


今回は渋く・・・

先の土曜日、夕方にバドミントンを少々。
(とても、夕焼けがキレイでした。)
昨日の朝、久しぶりに家ヨガを少々。
そしたら、今日は太ももが筋肉痛で痛くてたまりません。
これしきのことで、ヒーヒー言っている自分が情けないと言ったら!
もう少し、家ヨガの頻度を上げたいと思います。

話は、変わり日曜のケーキ教室の後にお酒を飲みに久しぶりに出掛けました!
今回は渋く、焼き鳥屋さんと小料理屋系居酒屋。

まずは、甲府駅付近の「天下鳥 甲府駅前店」。
ヴァンフォーレ甲府とのコラボ店で、丁度夕方にゲームがあったせいか、
お客さんが多く、とても賑やかな雰囲気でした。
私たちは、思いっきり鶏肉を堪能モードでしたが!



食べた串は
・ささみのさび焼き
・ねぎま
・かわ
・ちぎも(レバーのこと)
・白玉の炭火焼き
そんなところ。

いずれも、大体1本180円くらいで、1本が食べ応えのあるボリューム。
お気に入りは、「ちぎも」。
レバーラブです。
とろりとした食感が残るくらいの火の通し具合がGOOD!

他に、とりわさ↓


なかなか新鮮でした。

ダッカルビも美味しかった!

日本酒も久しぶりに飲みました。

調子に乗って、2軒目へ!

目星をつけていた店ではなく、飛び込んだお店。
名前は、忘れてしまいましたが、七賢の並びのお店。

京都で食べて以来、食べたくて仕方が無かった「生牡蠣」があったので、注文!



こんなに立派な貝付きだと思わず、びっくり。
聞いてびっくり、1つ200円という安さ!
美味でした。

それから、鯛のかぶと焼き。


魚のあごの肉って大好きです。
ふんわりとして、淡白な味。

お店は、仕事帰りのオジサマ方が来るような雰囲気。
居心地は良いです。
お魚メニューが多く、とても魅力的だったので、
今度は一軒目に来よう!と誓いました。




うどん。

山梨の郷土食と言ったら「ほうとう」が思い出される。
日本のほとんどの地方に小麦粉を加工した郷土食があって、
それが地方の数分バリエーションがあるんだとか。
山梨は県の中では大きく分けて2つの地方があり、
富士山のある富士東部地方(富士五湖地方)では、
「ほうとう」よりも「吉田のうどん」が郷土食として定着している。
ちなみに「吉田」は、富士吉田市の「吉田」ね。

私の住んでいるところは、富士東部地方ではないので「吉田のうどん」を食べれる店が少ない。
その中で、おいしい!というお店を見つけることは中々難しいのである。
でも、見つけてしまったのです、そんなお店を!

うどん屋 源さん
昭和通りとアルプス通りの間に位置する、非常にお店の気配がないようなところ。
駐車場は広いのは嬉しい。

11時半過ぎに行くと、既に先客あり。
吉田地方のうどん屋さんは、メニューの数が少ないけれど、
こちらはスープが3種類もあって、非常に豊富。

今回は、冷やしたぬき肉うどんにワカメをトッピングしてみました。
550円。
冷やしの吉田のうどんは初挑戦。
温かい麺でも、硬いのに冷やしにしたら更に硬いといったら。



写真のキャベツと大根おろしは、、標準トッピングのようです。
こちらは、ごま油が最後に掛けられていました。
お汁は、醤油系を選んだのですが、とても美味しかったです。
少し量が多目かなと思いましたが、暑い中で冷たいものはスルスルっと入ってしましました。
加えて、この価格の安さ!
甲府の吉田のうどん屋さんで一番好きになりました!


カキ氷で涼をとる

暑い中で、非常に欲するのは、冷たくて甘い食べ物。
特に最近は、シャリシャリ系のものが欲しい気分。
ここ数日、スタバのフラペチーノかカキ氷が食べたくて仕方ありません。

昨日行ったのは、「菓々茶寮」。
桔梗屋グループの一つです。
最寄で、最近できたロックタウンというショッピングセンター内のお店。
お店は、甘味処なんだけど、カフェのような雰囲気。
メニューは、同じく桔梗屋グループの水琴茶堂という甘味処のものとほぼ一緒。
「甘酒」のカキ氷を注文しました。
昨年、初めて食べたときは非常に感動した代物。
525円。



甘酒好物人間には、たまらない美味しさ☆
トッピングの杏のドライフルーツがいいアクセント。
一緒に出される、つめたい甘酒も美味しい。

今度は雰囲気の良い、水琴茶堂で食べてみたいものです。
しかし、暑い中で食べたので、あの冷たいものを食べた時に感じる、
刺すような頭の痛さは全くありません。

明日も非常に暑いんだとか。
暑さとともに、体がだらっと、とろけないようにしたいところ。



La Soba

久しぶりにお蕎麦屋さんに行きました。
長野県に近いことや、水が美味しいところが多いこともあってか、
割と山梨県にも多くのお蕎麦屋さんが点在。
今回は、韮崎市にある「La Soba」へ。

十割蕎麦のお店。
しかし、蕎麦粉は北海道産。
お店の名前からも分かるように、蕎麦屋は蕎麦屋でも、
モダーン・シックなお店の雰囲気。
メニューの本は、和紙に料理の写真が貼り付けられ、筆で名前が書いてあります。
もちろん典型的なもり蕎麦や天ぷら蕎麦などもありますが、
創作性のあるユニークなものもあります。
私はオーソドクスに盛りそば。
これだと少ないので、「限定La Sobaサラダ」を注文。

注文以外に、惣菜を一品サービスしてくれました。
今日は、ひじきの煮物。
惣菜一つ付けるだけで、蕎麦屋ご飯での栄養バランスが良くなりますね。
嬉しいです。


もり蕎麦。750円(?)
麺は少し太く、腰もあって、田舎蕎麦に近いかな。
御つゆは、全体的にマイルド。
醤油の風味より、かつお出汁を強く感じて、中々新鮮。


La Sobaサラダ。500円。
てっきり、揚げ蕎麦が載っているサラダかと思いきや全然違う品物。
キャベツ・ひじき・空豆がマリネードされたもの。
ハーブの効いた酢を使っていたのか、薫り高く、
また、砂糖も強めだったけれど、全体的に食欲を増進させるサラダ。
和風洋風が見事に混ざり合ったもの。
私もこんなサラダが作りたくなりました。
手っ取り早くは、ハーブが漬け込んであるビネガーを使えばいいかも。


↑それから、天ぷら蕎麦についてきた「てんぷら」。
かき揚で、とても背が高く、美しい。
甘くなった玉ねぎと海老が美味しいかったです。

ここに来るたびに、食器のセンスの良さを感じます。
殆どが白い食器なんだけど、とても料理が美しく、美味しく見える。
そばつゆすら、美味しそうに見えてしまう。
食器選びは重要だなと再確認。


☆誕生日和食☆

年度始めって、とても時間が早い。
先週末から、あっという間に一週間が過ぎてしまった。

今日は、自分の車の洗車で1日のスタート。
久しぶりに自分の車を運転するから。
如何に素早く、キレイに洗うかのコツをようやく得てきたような気がする。

お昼ごはんは、家族で私の誕生日外食。
なぜか、自分でお店を探し、予約をした。
ま、好きなところを選べるというのはいいんだけどね。

出向いたお店は「鈴廣」(すずこう)
住宅街にあり、何という目印もないので非常に見つけづらかった。
しかし、知っている人だけが行く!という感じでまた、好きかも。

お願いしたのは、3500円のミニ会席。
その上に5000円(だったか、5500円だったか)。

始めに「こぶ茶」。
それから。食前酒にブルーベリー酒。(私は、飲みませんでしたが)


「よもぎ豆腐」
山菜、わけぎ、赤味噌、山椒。
豆腐が冷たくて、美味しかった。
山椒の香がまたいい。


前菜の盛り合わせ。
ホタルイカの白味噌和え、桜餅に包まれた鯛の手まり寿司(?)などなど。
お弁当のように入れ物に入れられて、色とりどりなので、
心が明るくなりました。


汁物。
白魚、卵豆腐、しいたけ等
久しぶりな卵豆腐。
ほんのり甘い豆腐の味がたまりません。
しいたけは、これまた肉厚で贅沢な気分。
白魚も中々口にしない食材なので、新鮮。
ふんわりな食感。


「刺身」
左から、鯛、ます、ひらめ。
見るからに、新鮮さが伝わり、テンションが上がる。
肉厚な1枚で、食べ応えは十分。
この時点で、もうお腹はそろそろ8分目くらい。


「焼き物」のお魚。
さわらの西京漬け。
春の魚だということを、改めて思い出す。
通年お店で手に入りますがね。
ふっくら焼かれて、皮目は芳ばしかったので、完食。
手前は、ソラマメの甘煮。
鮮やかな黄緑がきれい。
昔は、コレがおやつ代わりだったんだよ!と。
今じゃ、逆に割高になってしまう。



なんというものか、忘れてしまいました(泣)
鯛の白身で包んだ道明寺が沈んでいました。
ピンク色な道明寺で、春気分です。
モチモチと鯛の組み合わせの食感も面白い!


茹でた海老やスナックエンドウに辛子の効いた白味噌。
スナックエンドウがサクサクで、嬉しい。

この後に、鯛めしの一口ご飯、ご飯、お新香、お味噌汁。
白米は、木でできた御ひつで登場です。
これに、ジャコ山椒が一緒に。
かなりお腹が一杯でしたが、じゃこ山椒がどうしても食べたかったので、
ご飯は3口分に抑えました。


イチゴの寒天ゼリー。
とても透明で、宝石みたい!
イチゴがとても甘くて、ゼリーに勝っているところが、またよし!


更に「草餅」。
一口サイズだったので、食べれました。
濃厚なヨモギ味。
これにお抹茶。
甘味まで、気を抜かない作りに好感。

品数、量も多く、かなりお腹一杯になれます。
2時間くらいかけて食べたのかな。
使用されたお皿も、趣向が凝らした物が多くて良かった。
どのお皿にも、春の食材が入っていて、季節を感じます。
改めて、和食って素敵だな!って。
それから、お店の方のサービスも申し分なかったです。
夜に来たら、是非とも日本酒と一緒に食べてみたいな!とも。
贅沢な、お昼ご飯でした!
ご馳走様!


蕎麦やさん

お蕎麦やさんに行くこともしばしば。
暴食コントロールということもあるんだけど、基本的に好きなんでしょうね。

行ったお店は「手打ちそば 蔵」。
韮崎方面へ向かう国道20号沿いにあり、赤坂台総合公園の手前の左側にある。
外観は、まだまだ新しく日本家屋風。
小奇麗なので、ぱっと目を引きます。
店内も和風スタイリッシュ。

鶏モツ煮↓

肝とハツが混ざっているタイプ。
前者はホクホク、後者はコリコリ。
ここ最近食べた鶏モツ煮の中で一番美味しかった!

かけ蕎麦↓

盛られた器も素敵☆
水菜と柚子がトッピング。
温かいお蕎麦なのに、しっかりと歯ごたえがあってこれまた美味し。
早く暖かくなって、冷たいお蕎麦で真髄を確認したくなりました!

しかしながら、最近コジャレタお蕎麦屋さんが多くなった。
若者ご飯でも十分オシャレに行ける!と。
もう少し一品メニューを増やしてくれたら、いろいろ頼みながら、
長居出来るお店として使えるのにな。
でも、蕎麦自体ジャパニーズ・ファーストフードだから、
中々難しいところはあるのかな。
江戸あたりでは、蕎麦屋で日本酒を飲みながら食べるなんて粋なことをしていたんだよね。
そんなことを、渋くやってみたいとも思うこの頃。


PR
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座