スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2014.05.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

地味な夏休み。

 更新ままならず、すみません。
一応元気に暮らしています。

もう9月。
朝夕は、すっかり涼しく。
この夏は、あまりウカレモードではなかったな。
まぁ、色々人生の真面目イベントが続いたからですが。
そんな中、8月末に予定していた唯一の夏休み旅行もキャンセルしてしまったので、
とっても地味になってしまいました。
その期日の一日だけ、久しぶりに清里方面へお出かけしました。
ソフトクリームが食べたかったからです。

まずは、ナポリ風ピザが食べられる「GROVE CAFE」へ。

初めての来店だったので、道を一本間違えて入ってしまい、
難航してしまいました。
でも、本当に森の中にある素敵なお店なので、
都会から来る人には、私以上の感動があるはず。

お店の窓が大きくて、外の光が気持ち良く入ってきます。
でも、森の中なので、「さんさん」とは入ってこないところがまた素敵。

ピザは、土日祝日のランチと、毎日の夜ゴハン時間しか焼かないよう。
そのかわり、平日ランチにはピザ以外のお得なランチセットがあるようです。


ロマーナ(アンチョビ、オレガノ、モッツァレラ、バジル、トマトソース)↓



生地が確かに、モチモチ。
少し茶色の生地だったので、普通の粉以外に何か入っているのか、地粉かもしれません。
アンチョビが効いているため、全体的に複雑な味の仕上がり。
大人な感じで好みです。

アマトリチャーナ↓


唐辛子の辛さがほど良く、都会的な洗練された味。
このパスタは女性が作られていたみたいですが、
いろいろ食べ歩いて来たんだろうな、という印象を持たせる味でした。

他に、フライドポテトも注文。
なぜかとても美味しく食べれました。

少し食欲の落ちているところだったにもかかわらず、
美味しくて、箸が大変進みました。

なんで、もっと早くに来なかったんだろうと、残念無念。

お酒の種類も多く、大人的な使い勝手も良さそうなお店。

昼も、夜もデートにうってつけのお店でした。
勿論、家族や友人使いでも全然構わないのですが。

それから、清泉寮へ「西の森の魔女が死んだ」の映画版撮影セットを見に行きました。
映画はまだ見てないのですが、原作がとても好きなので。

いろいろな法規制のために、セットの建物に入ることは出来ず、
外から中を覗くことしかできませんでしたが、私には十分。





また、原作を読み返したくなりました。

それから、清泉寮ではない萌木の村に併設している「ともにこの森」内の「清里ミルクプラント」でソフトクリームを。
クチコミでは、清泉寮よりも好みだという声もあります。
ならば!ということで。
とても、さっぱりした仕上がり。
個人的には、こってり好きなので、清泉寮の方が好みかな。
この次には、清泉寮のソフトクリームを食べたいと思います。




南の方へ。

 先の日曜の話。
珍しく山梨の南の方へ行ってみました!
久しぶりにデートらしいデートです。
しかも、zに乗って。
婚約者殿の車の台車です。
台車がzなんて凄いですね。
久しぶりに目線の低い車に乗りました。
いつもと違う感覚で、新鮮でした。

まずは「なかとみ和紙の里」へ。
丁度昼時だったので、敷地内の「味菜庵」でお昼ゴハン。
田舎料理を謳ったお店です。
名物のおざらが入った「彩りセット」を頼みました。



「おざら」は冷たい手打ちうどんです。
こちらのは、少しコシがあって美味しかったです。
この麺をつける汁が、手前の御椀のもの。
優しい味ですが、ウチでも出てくるようなお汁でした。
まぁ、美味しかったけれど。



↑婚約者殿の注文した「天ぷらおざら」。
なかなか食べ応えがあったようで、満足していたよう。

その後、「富士川ふるさと工芸館」へ。
様々な工芸を体験できます。
ガラスや篆刻の体験をしてみたかったけれど、
次回に回しちゃいました。

更にずずっと南に下り、「ゆばの里」へ。
身延町は、湯葉の名産地でもあります。
以前に頂き物でもらった生ゆばが販売されていて、
とても美味しかった記憶があったので、買う気満々だったのですが、
迷った挙句、買わずじまい。
買ったはいいものの、自分で調理することになりそうなので、
パスしてしまいました。
ただ、醤油をかけて「刺身湯葉」で食べてもいいのですがね。
どうせなら、もっと違う料理にしたいと思うので。
外の売店で、豆乳ソフトクリームを食べました!
豆乳がダメでない方には、オススメです。
さっぱりしていて、美味しかった!
250円とお手ごろ。
コーンも薄焼きタイプで、パリパリです。
今度は湯葉を買って、このアイスを食べにまた来たいと思いました!



新平湯温泉「花ごころ 万喜」に行く!

 宿泊場所「花ごころ 万喜」へ到着すること15時過ぎ。
一番乗りかと思いきや、そうでもなかったみたい。

実は、このお宿の利用は2回目。
規模、貸切露天風呂、接客、それから何と言ってもゴハンの美味しさに大満足したから。
今回はGW価格で一人2万円という料金ですが、来ちゃいました!

貸切露天風呂は宿泊客全ての人が1回は利用できるよう。
2種類あって、早いもの勝ちで好きな時間を選べます。
今回は、お風呂一番乗り!
明るい時間からの半露天風呂に不思議な感じでしたが、
気温がほど良くて、ゴハン後でなくて良かった。
のんびり入ることができました!

さてさて、お昼ゴハン諸々を調整して臨んだ夜ゴハン。
相変わらず、見た目が美しく、種類も多く、
期待を裏切らない味の良さ!



↑前菜です。春の香り。
ホタルイカはプリプリ。



↑蕎麦豆腐。
全体的にクリーミー。



↑焼き物。
飛騨牛!!!
文句なし。
脂とろける〜〜〜。



↑飛騨牛のにぎり。
とろける〜〜〜。



↑雲丹しんじょ。
温かい出汁が染み入る。
木の芽の香りが抜群!



↑お造り。竹の子。貝。
貝の食感たまりません。



↑魚の焼き物。ゴボウとたらの芽。
味が良くて、お酒が進む進む。
久しぶりに気持ちよいお酒。
ワインと迷った挙句、辛口の地酒にしました。
和食と日本酒のコラボ万歳!



↑炊き合わせ。竹の子たらの芽万歳。



↑お茶漬けセット。
全部食べてしまいました!



デザートはゴールデンキウイに自家製マンゴーアイス。
キウイは完食したけど、アイスでお腹に入らなくなってしまいました。
ウーム残念無念。

お昼ごはんを軽めにしたので、
ピッチの良い食べっぷり。
ほとんど食べきることができて大満足!

夜は10時に寝てしまいました!

翌朝は、早く目が覚めたので珍しく朝風呂。
内湯に入りました!
こちらも気持ちの良いお風呂です。
そして二度寝。

朝ごはん時間を8時半にしたせいか、
お腹空き空きで参戦!

卓上で焼いたホウ葉味噌と漬物の焼き物がまた美味い!
白いご飯が進むと言ったら!
他にも、自家製湯葉豆腐が美味。
朝ご飯食べ過ぎてしまいました!

その後10時までダラダラ。
今回はしっかりと旅館を満喫できて嬉しかったです。

今度また季節を変えてこの旅館に来たいと思いました!


☆白川郷へ行く☆

 私はカレンダーどおりのGWでした!

GWのお出かけに選んだのは世界遺産の一つ「白川郷」です。

出発は5月2日土曜日。
ただでさえ遠い目的地。
ETC渋滞で移動時間が長引いてはかなわん!ということで、
ウチを出発したのは朝の5時半(泣)。
予想通りに睡眠は浅いまま。
朝ごはん用にHB製焼き立てパンでサンドイッチを作って出発。

朝の5時半って、すっかり明るいのですね。
驚きました。

ウチから最寄の中央道ICから利用したのですが、
予想通りに他の利用者が多いと言ったら!
低速走行になることはないにしても、
緊張感漂う道路状況。
でも、名古屋と長野方面に分かれる分岐点でその混雑も解消!
松本ICを降り、上高地方面へ向かう一般道もストレスが生じるほどの混雑はほぼなし。
しかし、トンネル付近は自然渋滞と言ったところでしょうか。

安房トンネルを抜け、岐阜へ突入!
混雑してる高山市街を尻目に中部縦貫道→東海北陸自動車道→白川郷!

白川郷到着10時。
駐車場も一杯で、出てきた車と入れ替わりに駐車する状況です。
お天気も良く、人も沢山でこれぞ観光地!っていう雰囲気。

白川郷の中に様々な邸宅があるのですが、
オススメは「合掌造り民家園」。
入園料大人500円。
周りの人ごみとは隔離されたエリアで長閑な気分で見学できます。



茅葺屋根の2階3階まで登れる建物があったり、
囲炉裏のある床間を縦横無尽に歩けたり。
落ち着いた雰囲気が何をおいても贅沢。

民家園以外の文化財もあるようでしたが、
満足したので、お腹を満足しに周辺散策!

まずは、A5クラスの飛騨牛の串焼き400円1本を二人で半分こ。
ほんのり塩味のシンプルお肉ですが、
その脂が美味しいと言ったら!
飛騨に来たって感じ!
お腹がさほど空いていないにも関わらず、
このおかげでスイッチが入ってしまいました!

続いて、違うお店で飛騨牛コロッケと飛騨牛まんを。
こちらは、特に驚きもしない味。
やはり肉そのものには負けますな。

途中でみつけた「みたらしだんご」70円を。
こちらが、美味しかった!
甘みのない醤油のタレの団子。
この白川郷で食べた中で一番美味しかったのは、
実はこの団子ではなかっただろうか!?

夜ゴハンに備え、お昼ゴハンは以上で終了。
ちなみに全て半分こです。
すべては旅館で食べる夜ゴハンのため!

その後向かったのは飛騨古川。
白壁の脇を水路が流れている風景が有名な街です。
白川郷から1時間くらいで到着。



白川郷に比べたら、観光客はひっそりと。
これまたストレスフリーな感じで街歩き。
長閑です!

ここでも「みたらしだんご」を一本。
でも、白川郷で食べたものには敵いません。

観光ブックに掲載されていた「牧成舎」にて休憩。
ソフトクリーム300円を食べました。
これが驚くほどに美味しかった!
これまた二人で1つにしたのですが、
もう一つ食べたくなってしまう美味しさ!
誘惑に打ち勝ち、退散しましたが。



白壁の街に溶け込むお店の外観が素敵です。
半分オープンエアなところがまた気持ちの良いこと。。。

飛騨古川を出発すること午後2時。
宿泊する新平湯温泉「花ごころ 万喜」へ早めに着きたいので。





箱根帰り

ホテルを後にして向かったのは芦ノ湖湖畔にある箱根神社。
そんな神社があるんだ〜と、たかをくくって行くと結構すごい佇まい。

まずは、駐車場から本殿に向かう階段の長さ↓



最後の部分は少々、息切れ気味。

敷地内は結構賑わっていました!



今年初めてのお参り。
そして初めてのおみくじを引きました。

透明な箱から折りたたまれたおみくじを引くものでしたが、
手にとった瞬間嫌な予感はしてました。

大吉以外を引くことが滅多にない私なのに、
今回は「末吉」。
よく励みなさいと言った内容。
最近、楽しく調子が良いので、調子に乗りすぎるな!という戒めでしょうか。
おみくじは結んできました。
いつもは、お財布に忍ばせるのですが。

その帰り、御殿場高原ビールへ行ってきました!
ビアガーデンで昼食をしてきたのですが、
ビールを飲まずに終わってしまいました。
連日の酒三昧で、体が欲していなかったので。
調子が良ければ、飲みたかったな!

と、さっくりと寄りたいところを通って帰路へ。
午後3時には自宅着。

今回は箱根への道の魅力再確認です!
行けなかった美術館巡りもしてみたいな。


箱根の旅

この週末、家族で一泊旅行してきました。
宿泊は箱根。
向かう途中に立ち寄ったところの紹介です。

まずは、お昼ご飯!

山梨から河口湖を通って行く途中、
吉田のウドンを食べました。

数ある中で選んだお店は「白須うどん」。

並ぶのが嫌だったので、開店と同時に行くつもりが、
諸事情のため、到着は12時半ころ。
しかし、タイミング良く入れました!

メニューは「かけ」と「つけ」のみ。
それぞれ350円。激安!
でも、載せられる具がキャベツと人参の茹でたものだけ。
非常にシンプル。

「かけ」↓


麺の長さに驚きです。
吉田のウドンの特徴である、「硬さ」は十分に。
スープは、私にとっては少し醤油が強いかな。
テーブルに置かれた辛みそは美味しかった。
でも、天かすやお肉が入った方が、私は好きかも〜。

その後向かったのは、「御殿場プレミアム・アウトレット」。
13時半位の到着でしたが、通常に比べたら混雑はそれほどでもなく、
超最寄の駐車場に車を置いてお買い物!
2時間という制限時間(?)の中で、
洋服を試着しまくったのはいいけれど、結局私だけ購入ゼロ。
戦利品がないという状況はとても稀。

それから、箱根へ!
途中で吉田、御殿場で寄り道をしたせいからなのか、
山梨から箱根は「そんなに遠いところではない」という印象でした。
しかし、土曜の夕方着とあってか、温泉一帯の道は所々で渋滞。
そんなにストレスを感じる渋滞ではなかったです。

宿泊は「湯元箱根富士屋ホテル」。
小田急線・箱根湯元駅からバッチリ見えるところです。
ここは、母の希望により。
5時頃に到着しました。
館内は割とキレイです。
改装を良くされているのが伺えます。

ロビーにはこんなお花が↓


部屋は、和洋室。
4人で泊まりました!
最近一緒の部屋に宿泊したのは一体いつのことやら。
でも、比較的広い部屋だったので、狭く感じませんでした。

さて、夜ご飯。
「姫沙羅」というレストランにて。

お酒は、静岡の日本酒と沖縄の泡盛を飲んでみました。

先付↓
くらげ、もずく等。


酒菜↓

海老とわさび漬けの和えた物が新鮮な感覚。
イクラは立派なもの。

お造り↓

ブリが美味しかった〜

焼物↓
寒ぶりお柚庵焼き。ふんわり柔らかな身。
ブリの下に敷かれた焼き大根は、、出汁がしみ込んでいてジューシー。


写真を撮り忘れた「和風ブイヤベース」。
父が絶賛。
サフラン味が利いているものの味噌風味がします。

煮物↓
金目鯛や蕪、巻き湯葉。


中皿↓
牛フィレ和風ステーキに温野菜。
黄色い棒状のものは「さつまいも」を素揚げされたもの。
食感と特有の甘みが面白かった!


食事↓
麦とろご飯。
山芋を伸ばしただし汁が美味しかったです。


甘味↓
写真の向こうにあるのは「豆乳のムース」。
トッピングは煮豆。
バナナの風味がして、とても美味しかった!


品数は多いけれど、全体は多すぎる量ではなくて良かった。
勿論お腹は一杯になりましたけど。

温泉の浴場は、とても広くて清潔です。
いつも、キレイにている店員さんがいるのは感心するところ。
露天風呂は、ヒノキ風呂(?)と岩風呂の二つ。
私にとっては、なかなか丁度良い湯加減。
珍しく長湯しました。

気持ちよかったので、10時過ぎには就寝。
有り得ない早さです。



富士急ハイランド☆

お昼ごはんのウドンで心も体も温まったところで、
この寒い中、ソフトクリームを食べに行きました。
杉養蜂園」の直営店・富士吉田店へ。
河口湖近辺を歩いた方のブログで何回か見た事があって、
気になっていたところ、偶然にも目の前を通ったので。
店内は、基本的に蜂蜜を売っています。
試飲した柚子蜂蜜を購入しました!
温かいお湯で薄めてたものが、本当に美味しかったのです。
そして、ソフトクリーム。
蜂蜜はほんのりとしか感じなかったけれど、
ソフトクリームの軽さ、食べやすさに感動しました!
また、夏場にでも再訪したいです。

それから、富士急ハイランドへ!
午後1時からのアフタヌーンフリーパスを購入。
残念な事に、昨日の降雪と強風のため主要絶叫マシーンは運休でした。
そこそこの絶叫系で我慢です。
室内アトラクションを満喫しました。
ガンダムクライシスは2回も!
室内アトラクションは、意外と走り回るものが多く、
運動量はまぁまぁ。

ナガシマスカという水に乗り物が流されるアトラクションは楽しかった。
そのエリアにある招き猫の像は圧巻です↓


リカちゃんハウスは近日中に閉店(?)だとか。
小さなころ持っていたなぁと。
色々な衣装を着たリカちゃん↓


夕方5時過ぎまで、寒い中堪能しました!
園内のイルミネーションは素敵です↓


スケートリンクも開設されていて、滑ってみたい気もしたけれど、
今回はパスしました。





ハイジ。

金曜は、職場の忘年会でした。
県外出張の帰りだったので、何事もなく帰ってこれるかドキドキでしたが、
まぁ、無事に参加!
昨年もまったく同じ状況で、職場に出張から帰ってきたら、
まずい事態が発生し、忘年会は夜遅い時間からの合流しました。
悪夢がよぎるよぎる。。。

忘年会のビンゴ大会では、
辛子レンコンをGET!
届くのは来年だけれど、とても楽しみ!

さて、土曜は色々な買い物をしました!
その中で面白かったのは、子供服の買い物。
王道のミキハウスにて。
最近、出産祝いで子供用品売り場には足繁く行っているような。
今回は、女の子の赤ちゃんのために。
自分の洋服を見ているよりも、テンションが高かったような。
物がとても小さくて、カラフルで誰が見ても可愛いものだからかな。
大人のものは、あからさまな特徴があまり見えないからかな。
しかしながら、ミキハウスはとても高価ですね。
話を聞くと、私も小さな頃よく着ていたようですが、
母がセールでかなり先行的に、賢く購入していたよう。
そのためか、私にもセールで如何にものを安く購入するかに命をかける、
意気込みが体の中に流れています。
正月の大バーゲンを非常に心待ちしている最近。

夜は、クリスマスイルミネーションを見に「ハイジの村」。

5時からの点灯です。
駐車場には、観光バスもあったり。
丁度、澄み切った夕暮れの空も残る時間だったので、
真っ暗より、より幻想的な雰囲気です。


↑少し手ぶれがあって、ごめんなさい。
山梨の素敵なところは、晴れた空、夜に差しかかろうとする山の稜線がきれいなところ。
特に、冬は空気が澄んでいるので、極めてきれい。
時間が経つと共に、光の色合いが変化していくので、見とれてしまいます。

ハイジの村に入るとすぐある教会↓


テンションが上がります!

村や、韮崎方面の盆地を見渡せる塔の上から↓


カップル率が高いかと思うも、ファミリーが意外と沢山。
都内だと、こんなに世の中カップルが多いのか!と街を出歩くと思うけれど、
山梨はファミリーも沢山目にしますね。
クリスマスは、家族で出掛けるものよねとも。

園内には、ほど良くイルミネーションが配置されていて、楽しいです。
昨年も来ればよかったのにと思うほど。
来年も来ようと思いました。





リゾナーレにて

年末に向かっての楽しい行事が始まりました!

この週末は、特に以前からとても楽しみにして。

まずは、大きなお買い物。
と、言っても私が購入したわけではなく。
手元に来るのは年を越してから。
届いてから、BLOGで紹介しまーす!

それから、お昼ご飯をしてから向かったのは「リゾナーレ」。

こちらには、何度か日帰りでお店廻りやイルミネーションの鑑賞で訪れることがありましたが、今回宿泊するために来ました!

3時くらいにチェックイン。

町並みは、ちょうどクリスマスイルミネーションが始まったようです。
時間を追って、写真を撮ったので紹介!

3時くらい↓


4時半くらい↓


9時くらい↓


昨年も、クリスマスイルミネーションを見に来ましたが、
毎年様子を変えているそうです。

クリスマスをとても意識するには早いかなと思っていましたが、
気が付けば結構BGMやお店のデコレーションはクリスマス。

この町並みを見て、グッと来てしまいました。
でも、今年はクリスマスが平日なのよね。

宿泊は、「ホテル スタンダードデザイン ルーム」。
白と赤を基調としたシンプルでスタイリッシュなお部屋。

夜ご飯は、こちらのメインダイニング「オット・セッテ」で。
地元食材をふんだんに使ったイタリアン・リストランテ。

まずは、前菜の前の小さな前菜↓


地元で採れたキタアカリのビシソワーズのようなもの。

前菜の5種盛り合わせ↓


魚のカルパッチョや牛肉のカルパッチョなど。
生ソーセージのサルシッチャ(写真左下)も美味しかった!

全粒粉のパン、フォカッチャ、グリッシーニ↓

オリーブオイルも添えられました。

温菜のフォアグラのソテーにリゾット↓


フォアグラがとても美味しかった〜。
様々なキノコやチーズの効いたリゾットも。
塩気や旨味が強いお皿だったので、食欲が更に刺激され・・・。

コースのパスタとメインとデザートはその日に数種類の中から、選べます。
私が選んだパスタは「雲丹の入ったトマトソースのクリーミーなパスタ」↓


ふんだんに雲丹がゴロゴロと入って贅沢な一皿。
雲丹には、あまり火が通ってないので、結構生に近いかな。
トマトソースに雲丹を合わせようと思ったセンスが驚きです。

それから、ご一緒したHさんセレクトの「アサリとポルチーニソースのタリアッテレ」↓

手打ち麺のタリアッテーレの食感、ポルチーニの香りや食感が非常にマッチ!

正直、タリアッテーレの方が私の好みでした。

それから、メイン。
私が選んだのは「中村農場のワイン地鶏のロースト」↓


中村農場の鶏肉は、非常に噛みごたえのあるお肉。
お肉の下に敷かれたネギのグラタンもクリーミーで美味!
一緒に添えられた、野菜のグリルも香ばしくて。

Hさんセレクトの「甲州ワインビーフのロースト」↓


お肉が非常に柔らかくて美味しかった!
肩ロースなので、脂身もほどほど。
文句なし!

メインのデザート(笑)の前の、ファーストデザート↓


ブドウの果肉とシャーベットの口直しです。

さて、私が選んだデザートは「リンゴのデザート」↓


見た目も実際もとてもボリュームのある一皿。
リンゴが主なんですが、一番美味しかったのは、一番上に載っている、
ジャージー牛のミルクで作ったアイスクリーム!

Hさんセレクトは少し変わったミルフィーユ↓

一番下はマロンが入ったスポンジ。
リコッタチーズのクリームに、パリパリした砂糖の板がトッピング。
本人は、いたく感動していました。

食後は、ハーブティを頂きました。


それから、不思議で素敵な銀色の箱がやってきたなぁと思ったら、
小さなお菓子のセットです↓


食べきれない場合は、箱詰めしてくれるというので、お願いしました!

お腹も一杯、心も幸せ一杯です。

特に記念日でもないけれど、こんな素敵なところでご飯を食べてしまって、
いいのかな〜と思ってしまいました。

それから、レストランには十分なスタッフの数の配置。
気持ちいいくらいのサービスと説明。
ご飯が美味しさは、そのお店の印象を作る大きな要素であるのは当たり前ですが、
スタッフのサービスの良さがこれほどに印象が残るところも、そうないと。
そういった面でも、また来たいなぁと思いました。

その後、リゾナーレ内のチャペル「ZONA」で、
9時からのコンサートを聴きにいきました。
11月は毎日開催とのこと。
この日は、ピアノと二胡のコンサート。
なじみある曲やオリジナルの曲を、雰囲気のある教会で楽しみました。

しかしながら、こちらのスタッフはとても感じが良い方が多くてびっくり。
また、お世話になりたいと思う気になります。
次に来るのは、どんな時かなぁ〜。










根津記念館へ!

先の三連休の初日のレポート。
山梨市に今年10月に開館したという根津記念館へ行ってきました!

でもその前に、腹ごしらえということで、
以前から気になっていたSun Burst Cafeへ。
山梨市へ向かう途中にあり、まぁ最寄駅は石和温泉。
山梨在住の皆さんのBlogにも良く出ているお店で、とても気になっていました。

平日には、お得なセットがあるよう。
行った日は土曜だったので、ドリンクは別注文でした。

私の大好きなガッツリ系ハンバーガーが置いてあります。
ハンバーガー以外のメニューもあって、迷ったけれど、
やっぱり「チーズバーガー」900円。


お肉の美味しさは勿論ですが、パンの美味しさにも感嘆!
挟んである野菜の新鮮さは、申し分なし。
ほどほどの量のフライドポテトがついて、この値段は妥当。

それから、「ボン・ポワール」という洋なしのソーダにローズマリーを添えた飲み物。


見た目は夏だけれど、さっぱり感が欲しかったので注文。
さわやかな飲みもの。
ハーブの香りは、あまり強くありません。

それから、タコチップ。420円。


タコチップが不要に黄色くないところが好感大。
コーンと塩気が後引く後引く。。。

そして、根津記念館へ。
東武鉄道など、鉄道関係に大きく貢献した根津嘉一郎氏の実家を、
一般公開した記念館。
ちなみに、東京の根津美術館は、根津氏の東京の居所だったところに、
収集物を展示しているところ。

非常に大きな邸宅。
一階、二階を公開しています。
キレイに直したところもありますが、昔の家屋の様子がわかります。
調度品は取り除かれて、全体的にさっぱりとした印象だけれど、
なかなか面白い。


↑二階から中庭を臨んだところ。

大きな庭には、川が作られていて「笛吹川」と言ったそう。


↑入り口を入ると、こんな感じで建物がみえます。

屋敷と宝物を展示している展示館があります。
展示館で、根津氏のプロフィール等を見ると、
根津美術館に行きたくなりました。
しかしながら、こちらは現在修理で閉館中。

また、山梨にこんな偉人がいたなんて、驚き。

お天気がとても良い一日で行楽日和でした!





PR
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座