スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2014.05.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

映画について少々。

先週の連休のこと。
20世紀少年」を見に行きました。
浦沢直樹は好きな漫画家の内の一人。
でも、原作の方は読んだことがなくて、先に映画を見ることになったのです。
「少年」なんていう名前がついているけれど、全然子供向け映画なんかとは違う。
ミステリーというのかサスペンスというのか。
3部作の1作目なので、謎であるところが多くて多くて。
謎が謎を呼ぶところが、さすが浦沢直樹とも。
私にとっては、怖い思いをさせた映画でした。
原作を知っている人が言うには、映画の方で、端折るところが多々あるけれど、
ストーリー的には、原作に忠実であるらしいです。
しかし、出演者のちょい役までもが、非常に著名な人ばかりで、豪華なつくり。
少し、話よりも、そちらに目が行ってしまうのが勿体無いところ。
2作目3作目が待てないから、原作を読んでしまおうかな。
20巻を越える大作のようなんですがね。


それから、「チームバチスタの栄光」をDVDで見ました。
映画公開時の物語紹介が、とてもシリアスそうだったんですが、
全体的に割りと親しみやすく、時々クスリとしてしまうシーンもある映画でした。
大きく肥大した心臓の一部を切除するというバチスタ手術。
成功率もあまり高くない手術であるが、
「チームバチスタ」という、とある病院のチームは次々と成功していた。
ところが、突然、術中に患者を死なせるケースが多発。
その原因を探っていくのが、竹内由子と阿部寛。
手術シーンが沢山出てくるんだけど、リアルな雰囲気に息を潜めてしまう。
心臓切除する時に、外部の装置に心臓を代替させるため、心臓鼓動はストップする。
再び、縫い合わせた心臓に血液を戻した時、心臓が動き出すまでがドキドキで。
つまり、いつまで待っても鼓動しないと死亡となる。
シリアスとユーモラスがバランス良く配置され映画。
是非、お勧め!
チーム・バチスタの栄光
チーム・バチスタの栄光



火が点く!?

昨日からのTSUTAYAレンタル半額セールで借りてきたのは↓

プラダを着た悪魔 (特別編)
プラダを着た悪魔 (特別編)
メリル・ストリープ

周りの友人からは、絶対私好みであることを言われ続け、非常に見たいと思っていた作品。
ガールズ映画であり、ファッション関係とあれば見たくないわけがない。
おまけに、主演のアン・ハサウェイも好きな女優。
プリティ・プリンセスシリーズも実は好き。
彼女のきれいな黒髪が生かされたファッション。
そして、ハリウッド女優の中では稀である健康的な体つき。
非常に好感度の高い女性。
舞台は、ファッション雑誌出版社。
最初はとてもダサかった彼女が、とても素敵に変身していく。
その様子を見て、私もおしゃれ熱が上がって来たのが昨日夜。
今日は、友人と東京でお買い物。
日々、職場で地味な格好をすべく努力してきたけれども、
もう少しオシャレ度をアップせねば!と思う。

結局、先日のBLOGで書いた、一足くらいいい靴を!というのは、
あっさり却下され、セールで手ごろな靴2足に化けてしまいました。
それから、レ・ネイドで狙っていたピアスを購入。
それから、これは職場に持って行ってもいいのだろうか…と思うようなBAGを購入。
そのボーダーラインぐらいで挑戦できるのが、オシャレ街道へ進む道かと購入。
今回は、社会人になってから初めてのセール。
単価の価格を上げてみたのはいいけれど、数が買えなくなってしまうのは、少し不満ではある。
でも、これからは数は少なくても、良いものを長くことを見据えた購入が大人なのかもしれない。


やっぱり。

昨日最寄のレンタルビデオ屋さんへ。
旧作DVDが80円!というので。
私は、どちらかと言うと洋画派。
しかも普通にメジャーな類のものが好き。
ご存知のように(?)、ラブコメが一番の好きなジャンルだ。
気にはなっていたものの見るに至ってないものを選択。

「めぐり逢えたら」 コレクターズ・エディション
「めぐり逢えたら」 コレクターズ・エディション
メグ・ライアン

コメディエンヌとしての地位を確立しているメグ・ライアン。
彼女の作品は”you got mail”しか見てないような気がする。
「めぐり逢えたら」は、↑と同じようにトム・ハンクスとの共演。
しかし、あまりに古い?作品なので、ヘアスタイルもさることながら、2人の身体的風貌も若い。
また、「めぐり逢えたら」はこてこてのラブストーリーかと思っていたら、ラブコメだ。
メグが、ラジオに父の新しい奥さんを見つけたいと悩み相談をしてきた息子の父に惹かれ、
とても奇抜な行動を起こしてしまう独身女性を好演。
多分、コレをみた多くの女性が共感したに違いない。
また、特に子役らがいい味を出している。
まだ出会ったことがないメグとトムをくっ付けようと奮闘するあたりが。
彼らは、今ごろどんな風貌になっているのだろうか?と思ってしまう。

でも、泣きながら見るような映画じゃないとは思うんだけど。

夕方、父が旅行先の北海道から帰還。
いつもは大したお土産をリクエストしないんだけど、今回はバームクーヘンを。
利用した空港が稚内だったので、どんなメーカーが入っているのかわからず、
とりあえず「バームクーヘン」を!とね。
購入してきたのは「柳月」というところのもの。
「三方六」という名のバームクーヘンだ。
何となく目にしていたものなので、嬉しかった。



白樺をイメージしたチョコレートコーティングが美しい。
一本を10枚にスライスされているのも嬉しい。
味も食感も、オーソドクスなものであるが何となく美味しい。
色んな趣向を凝らしたバームクーヘンが巷で賑わっているが、
普通だけれど何となく美味しいというものが最近少なくなっていると思う。
実は普通だけれど美味しいというものって難しいのかもしれない。
究極なところが年季の入った家庭料理なわけで、私もまだまだだなと思う。
濃い味な時もあれば薄味な時もあり、不安定なのだ。

父の不在中、にわかに話題に上ったのが、車検中であった彼の車の見積もり。
15万弱乗っているらしく、いろいろがたがきているというのだ。
そんなに費用がかかるのなら、いっそのこと新車にしたらどうか?というのは母の意見。
しかし、私と弟は父がこの車を非常に愛しているのを知っている。
まさに「愛車」と呼ぶに相応しい思入れだ。
だから、直して継続して乗ることを私が勧めると本人も相当嬉しがり、あっさり修理決定。
長年お付き合いのある担当整備士さんも、「継続」を勧めているらしい。
何でも、擦り切れたクラッチ板を拝みたいんだとか。
それだけ走って、クラッチ板を一度も代えていないということが、
車の扱い方が上手いんだ!と彼は大きく自慢していた。
そういう姿を見て、こだわりの塊だな!この人はと。
この父あって、私と弟ありと改めて実感。
この車は、私との運転の相性は悪いんだけど(だって、パワステが入ってない)、
助手席に乗るのは好きだ。
路面を走る体感とシフトダウンする時のエンジン音が好きなのだ。
だから、私も頑張ってMTを乗りたいと思うんだけどねぇ〜。
3月は弟にみっちりと鍛えてもらう予定、一応。




運動の秋☆

そういうシーズンていうのもあるんだけど、
最近外食が多く、メキメキと体が膨張中(泣)
かといって、目の前に出された食べ物を控えめにするなんてことはできない。
このジレンマに何とか歯止めを利かせるために、
現在密かに(?)部屋でコレを見ながら体を動かしています。

以前にピラティスのDVDを購入し、部屋でやっていたんだけど、
性格故からなのか、緩慢な動きよりもアクティヴなこちらの方が合っている。
10分1セットが3セット収録。
ヒップホップと言っても、足踏みに何かをくっつけているものなので、
想像していたよりはとっつきやすい。
かと言って、数回でマスターできるものではないから、簡単すぎなくて、
攻略しがいがあるしろもの。
ただ難点は、日本語の説明ではない。
でも、動きを真似るだけなのでその動きが分かれば次第に英語も分かってくる。
トータルで30分なんだけど、セットごとで休んでもいいし、ぶっ続けでも可。
最初の内は、1セットを繰り返して練習していた。
今は全部が完璧じゃないけれど、30分ノンストップで。
30分後には汗をかいているのでお風呂に直行。
ちなみに、私の部屋は狭いので色々どかして何とかやってます。

山梨に帰ったら、運動と食事でダイエット頑張るぞ!

Quick Fix: Cardio Hip-Hop Workout
Quick Fix: Cardio Hip-Hop Workout



PR
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座