<< 上海旅行(2007)3日目 | main | ドレスがやってきた! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2014.05.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

上海旅行(2007)4日目

浦東空港9:30発の飛行機に乗るため、6時頃Sさん邸を出る。
空港行きのバスが発車する最寄のギャラクシーホテルにタクシーでSさんに送ってもらう。
ここで、Sさんとはおさらば。
バスが発車してから車掌さんが料金を徴収しに来る。
20元。
中国語で話し掛けられたらどうしよー、と思って空港名の書かれたメモを用意していたけれど、
20元紙幣を出すだけでことが済んでしまった。
一時間ほどで空港到着。
NWのカウンターで搭乗券を貰って、出国審査。
この時も面倒くさい、出国カードと免税申請カードを記入。

待合でSさんが用意してくれたパンを一つ食す。
空港内の自販で販売されていた飲み物は50元前後。
Sさんが用意してくれたペットボトルの飲み物は3元前後。
中国と言えども、空港内の物価は相当高いのが良く分かった。

行きの機内食の不味さを実感し、さらに中途半端な時間にご飯は食べたくないと、
飛行機の中ではしっかりとアイマスクをして、爆睡。

13時に成田到着。
この日、日本はとても暖かで着ていたコートが暑かった。

来たように山梨へ帰る。

今回の旅行で感じたこと。

Sさんと2人だけで行動を共にしたことは、実はそんなに多くなかったので、
新たな発見が多くて楽しかった。
例えば、食べ物にそんなにガッツを持っていたとは思わなかった。
一緒に食べ歩きが出来る人が、ここにもいたのか!と嬉しい発見。
それから、Sさんは女性らしいし、素直な人なんだなぁと。
それに引き換え、私ってばなんて素直じゃなくて天邪鬼なんだろうと。
可愛げのない女だ。
特に、これからは家族、特に母親に優しくなろう!と思って帰るも、
いちいちその行動が目について、また心が波立つ。

それから、Sさんの旦那さんとあまりお話をしたことがなかったので、
貴重な体験をばさせてもらった。
それに2人の絡んでいる姿も目にしたことがなかったので、
その仲良しこよし関係を見れて心がほんわかして私もそういう伴侶が欲しいな!と思った。

それから上海では現地語しか通じないみたい。
かなしいかな、私は人の話を聞いてる振りしかできなかった。

上海の物価はメチャメチャ安い!

各国の食材が結構手に入りそうだった。

トイレがキレイなところは少ない。

日本、とりわけ東京?などのそこそこの都市で、振り返って見たくなるような、
かっこいい男やかわいい女性があまりいない。
お店のスタッフですら。
素朴な服装、素朴な顔相な人ばかり。

そんなところかな。

予想以上に楽しかったな、上海。
久しぶりの友人と回れたってこともあるけれど、
家から離れて日常から開放されたってのも大きな要因。
こういうの、時々入れて行こう!と思いました。
リセットってやつね。






スポンサーサイト


  • 2014.05.13 Tuesday
  • -
  • 23:52
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
PR
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座